FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

頑張れ!1号!!





無事入学式を終え、翌朝いよいよ本格的に登校という日の朝の孫っちクン。

まさか、こんなことに!?

まったく予想してなかったことが起こった。


前日の入学式はランドセルを背負い、ニコニコ顔でカメラに収まっていたのに、

打って変わって、朝から大泣きの孫っち1号。゚゚(゚´Д`゚)゚

ママが、どんなになだめても効き目なし。

登校班のお姉ちゃん達には、先に行ってもらい、

どうにかして学校に行かせたいママ。

それにパパも加わって、我が家の玄関は修羅場へと化した。


私は出勤時間になり、後ろ髪を引かれる思いで自転車に乗って職場へと向かったのだけれど、

仕事中も、あの後どうなったのか気になって、気になって…


実は、孫っち達の通う保育園は、校区外にあり、ほとんどの園児は、1号が入学した

小学校とは違う学校に通うことになっている。

私が思うに、ルンルンで入学式に出席したものの、教室には顔見知りの子が、

一人もいなかった…

なので、幼心に不安が募り、学校には行きたくなくなったのでは?と。

新しい環境で何かを始めるのは、大人でも不安が有る。

大人でも、子供でも思いは一緒なのだと。






仕事から帰宅し、その後のことを娘に尋ねると―――

あのあと、泣き叫ぶ1号を車に乗せ、学校へと向かったと。

学校に着くと教頭先生が気づいて車に駆け寄ってきたそうだ。

訳を話すと 「うんうん」 と頷き、

「連れて行きますね。」 と、手馴れた様子で引きずりながら1号を教室に連れて行ったようだった。

娘は、その場にいては、先生たちも、やりづらいだろうと「お願いします」とだけ言い、

早々に立ち去ったようだった。


何かあったら電話がかかってくるだろうから、もう待つしかない。

娘は、家で、ただ待つしかなかったと…



仕事を終え2時ころ帰宅した私。

もうすぐ下校の時間…

ふたりで、1号が帰ってくるのを待った。


ガチャッ!

「ただいま~」 (*´∀`*)

学校どうやった? 

「楽しかった~♪ 友達できたよ!!」 (*´∀`*)

名前は?

「う~~ん…忘れた!」 (//∇//)


あんなに心配していたのに、拍子抜け。

今朝のアレは何だったの?

まぁ、なんにしても結果オーライ!(*^_^*)


それから土曜、日曜を挟み、今日、月曜の朝。

また同じことが起こるのではないかとドキドキの月曜日。


「いってきま~す!」 ( ^ω^)ノシ

元気な1号の声。

今朝は、登校班のお姉ちゃん達と無事に登校できた。ヽ(*´∀`)ノ

もう安心だ!(*^_^*)



顔見知りのいない新しい環境で一歩を踏み出した1号。

頑張るんだぞ! ( ̄0 ̄)/ オォー!!






 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/3159-7e974709