FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

「こいつと こいつ」






先日、記事にした研修中の女性新入社員Sさん。 (過去記事 「了解!」

とうとう我部のリーダーMさんの逆鱗に触れてしまった。



何があったかというと―――


Mさん、自分の仕事を済ませ余裕があったので、新入社員Sさんの指導をするため、

彼女のもとへ行ったのだけど…

「あと、何が残ってるの?」 と、Mさんの問いに、

新入社員のSさんは

「こいつと、こいつ。」

と指示書を指さしたというのだ。


マジか!?(゚д゚lll)

仕事を教えながら手伝ってあげようとしていたのに、よりにもよって 「こいつ」 とは…


ちょっと調子に乗りすぎたね。┐(´∀`)┌ヤレヤレ

新入社員だから何をしても許されると思っていたのだろうか?

それにしても、まだ入ったばかりなのに、男の人だって先輩に対して 「こいつ」 なんて言わないよね。

マジ、調子ぶっこきすぎだ。


リーダーMさん、カチンときたそうで

「あのね…先輩や目上の人に対して、そう言う言い方はないよね?」

「返す返事も、了解とか、OKとか、おかしくない?」

「友達とかなら別にかまわんのやけど、ここの人たちは、みんな先輩や年上やろ?」

「これからは気をつけてくれる?」


みたいなことを言っていた。

少し離れたところで、それを聞いていた私。

胸の中がスッとしていくのを感じた。

さすがリーダーだなぁ~



他者に対して、注意をするのは、とても勇気がいることだと思う。

Mさんは、私たちが思っていることを代表して憎まれ役を買って出てくれたのだ。

これから新入社員のSさんが、どんな風に変わっていくのか、しっかり見届けたいと思っている。





「人のふりして我がふり直せ」

私も気をつけなくっちゃ!





 

スポンサーサイト

web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

森の端材工房 says...""
こんにちは。
最近、そんな方が多いですよね。うちの方にもいますよ。
そして、もっと問題なのは、本人に悪気がないということ。
もしかしたら、高飛車になったり調子こいてるという認識さえなく、普通だと思っているのかもしれない。

なので、注意しても、何が悪いのか分からないので、こちらの趣旨が伝わらないのです。
私達が常識と思っていることが彼女達には常識ではない。
そんな根柢の部分から教育し直すのは、かなり精神的にもきついですよね。
リーダーさんのご苦労が伝わってきます。
2019.06.01 00:25 | URL | #qbIq4rIg [edit]
咲希 says..."森の端材工房さん"
森の端材工房さん、こんばんは。(*^_^*)

>最近、そんな方が多いですよね。うちの方にもいますよ。

そうなんですか…
今回のような、ちょっと…と思う新入社員は、初めて出会いました。
今まで、多少問題あるかな?と思う人は何人かいたのですが…

彼女が研修に入ったのは、まだ1週間ほどなのですが、我部の同僚が皆、口々に「上から目線で人を見下している」と言っています。
今まで、こういう態度で過ごしてきたのでしょうか…?
この態度を改めない限り、彼女を支持する人は誰もいなくなってしまいますよね。
誰からも何も言われなくなってしまったら、もう終わりです。
私は何も口出しせず、静観しようと思います。
性格的に私には無理な気がしますから…
こういうところが、リーダーになれないところなんです。_| ̄|○

コメントどうもありがとうございました。m(_ _)m
 
2019.06.01 23:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/3206-0ccd1f91