FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4

無題







昨夜は、いつも、ほったらかしの携帯電話を枕元に置いて寝た。

鳴らずに済んだ携帯電話に安堵しながら、いつもより少し早く居間に降りた。

居間には、いつものように娘と、孫っち1号の姿が見えた。


「あのね… さっき、おいちゃんから電話があって…」

娘の言葉に、胸の奥が、ざわついた。


「3時に逝ったわ… って…」




「そうなんだ…」

そういうのが、やっとだった。




義姉が、63歳という若さで亡くなった。

兄と、一人娘を残し、逝ってしまった。




わずか半年の間で、喪主を2度務めることになった兄。

その心労と苦悩は、計り知れないものがあるだろう。


夕方、お線香をあげに、行ってきた。

今は気丈に振舞っている兄と姪だけれど、葬儀が終わり、ホッと一息ついたあと、

時間の経過とともに寂しさと、悲しさで、どれだけ涙するのだろうかと思うと胸が詰まる。

あまりの速さに訪れる死は、辛すぎる。





明日は、お通夜、明後日、告別式の予定。

明日、明後日は、長い一日になりそうだ。








 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

森の端材工房 says...""
この度はご愁傷様です。
まさか、昨夜のことだったとは驚きました。
咲希さんも色々と大変だと思いますが、お疲れがでませんように。
コメ返は不要です。
どうぞ、お兄様、娘様についていてあげて下さい。
2019.09.14 00:52 | URL | #qbIq4rIg [edit]
しょ~ちゃん☆りょ~ちゃんじぃじ says...""
余りに急な事で言葉も見つかりません・・・・・お悔やみ申し上げます。
家族・親戚皆様、さぞ気落ちしているかと思いますが、どうかお気を強く持って下さい。

こちらもコメントの返信は不要です。
2019.09.14 07:21 | URL | #- [edit]
のんびりあーちゃん says...""
昨日の今日で驚いています。
お悔やみ申し上げます。

時間が経つと 悲しみがわいてくると思いますが
ご本人はこれで苦しまずに済む 
楽になったと思ってあげてください。

コメントの返事はご遠慮します。


2019.09.14 08:26 | URL | #- [edit]
咲希 says...""
森の端材工房さん しょ~ちゃん☆りょ~ちゃんじぃじさん のんびりあーちゃんさん

お悔やみのコメント、どうもありがとうございます。
無事、義姉の告別式を済ませる事ができました。

夜伽の長い時間の中で、息子とふたりで、いろいろな話をすることができ、良い時間になりました。

兄親子には、寂しさと悲しみを乗り越え、頑張って欲しいなと思います。


まとめてのコメントのお返事で、申し訳ありません。
どうもありがとうございました。
 
2019.09.15 22:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/3311-5a14c582