FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

上司







5年間、直属の上司として、頑張ってきたチーフが、3月いっぱいで退職することになった。

同じ、福岡県出身で、時々漏れる福岡の言葉が私を和ませてくれた。(*^_^*)


いつも全力で、じっとしているところを見たことがない。

私にとって、本当に良い上司だった。






「咲希ちゃん、昨夜は眠れたね?」

「いや… あまり眠れんかった…」

「大丈夫やが! 前に比べて丸くなっとるから。」

「それ、見た目だけとかじゃないよねぇ…?」



今朝、仕事を始めてから、しょっぱな同僚Mさんに言われた。

眠れない理由は、新しく来るチーフのこと。

今度、我部に配属されたチーフは、私とは犬猿の仲。

過去に大喧嘩をした相手。


(ちょっと長くなります) m(_ _)m




それは8年ほど前のこと―――

彼は、我部のチーフだった。

サブチーフに対して叱る言葉が、いつも聞くに耐えない暴言。

部屋の隅で叱る言葉が、漏れ聞こえてくるのをずっと我慢して聞いていた。


その頃、サブチーフの母親はガンで闘病生活を送っていた。

私が知っているくらいだったので、彼も知っていたはずだ。

それなのに、思ったように仕事ができないサブチーフに対して

「氏ね!」    (わざと 誤字にしています)

と、繰り返し怒鳴っていたのだ。


いつまでも同じ失敗を繰り返すサブチーフもいけないのだけれど、

「氏ね!」 は、ダメだ。


ある日、堪忍袋が切れた私。

「家族に病気の人がいるのに、氏ね!なんて言葉、言わんでくれんか!」

「アンタが言ってる言葉は、パワハラじゃ!!」

言いながら泣いていたような気もする。

その後、何を言い争ったのか記憶にない。


それから、半年後、彼は辞令で新しい店舗に移動となった。



そんな彼が、4年ほど前、肺がんで入院したと聞いた。

タバコも吸わない人だったのに…

長い闘病生活後、彼は無事職場復帰した。

薬とは縁を切れない生活になったようだけれど、元気でいるとのこと。


生死に関わるような病気を経験した彼は、もう二度と

「氏ね!」

という言葉は口にしないだろう。

それだけが救いだ。





彼が我部に移動してくるのは1週間後。

それまで心を落ちつけなければ… ( ´Д`)=3






 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

さくら says...""
こんばんは。

そんな事があったのですね!
それは聞くに耐えない言い方ですよね。
それに向かっていった咲希さんすごい👏

言った言葉に自分に返ってくると言いますよね。
その方も自分で辛い経験をして
人の心が分かる人になっていると良いですね。

しっかり寝てくださいね!
2020.02.16 20:48 | URL | #- [edit]
咲希 says..."さくらさん"
さくらさん、こんばんは。(*^_^*)

>それに向かっていった咲希さんすごい👏

私の性格が、それを許せなかったんです。
「正義感が強すぎる」 私の長所でもあり、短所でもあります。

元チーフは、その頃、27歳でした。
まだ、大人になりきれてない大学生の延長にあったのかもしれません。
その後、様々な経験をし、アラフォーになった彼は、少しは成長したことと思います。
そう思いたい。(*^_^*)

>しっかり寝てくださいね!

ありがとうございます。m(_ _)m
同僚の励ましや、サポートもしてくれるとの言葉に、安心し、眠れるようになりました。
なんくるないさ~
その気持ちで頑張ります!
コメントどうもありがとうございました。m(_ _)m
2020.02.17 00:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/3471-713885e9