FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
6

母の誕生日







今日は、亡くなった母の誕生日。

生きていたら、85歳になる。


亡くなった人は、歳を取らない。

だから、どんな時も思い出すのは、生きていた頃の姿のまま。


もうすぐ、母の歳を追い越す私。

自分が、母の歳に近づいて、思うことは、ただ後悔しかない。


外見や体力は、悲しいかな劣ろえていくけれど、気持ちは、いつまでも変わることがない。

そのことをこの歳になって、初めて気づく。


もっと孫たちと遊びたかっただろうに…

もっといっぱい、孫たちと楽しいことしたかっただろうに…


もっと、私には出来ることがいっぱいあったのに…

どうして、そのことを察してあげられなかったのか…





今日、孫っち1号くんと、一緒にお風呂に入った。

1号くんと一緒にお風呂に入るのは、2年以上ぶりだ。


1号くんが、何を思って私に

「ばーびー!一緒にお風呂入ろ?」

と、言ったのか…









あぁ…

逢いたいねぇ…








 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

ミホコおばさん says...""
咲希さん こんばんは!
私の母は昨日が誕生日でした。

咲希さんのお母さんのように出来た母では無かったけれど
それでも逢いたいのですもの。
2021.01.21 23:19 | URL | #xHucOE.I [edit]
森の端材工房 says...""
こんばんは。
私もそうですが、咲希さんもお母様の歳に年々近づいていきますね。
近づくに連れて思うことは、いつ、どうなるか分からない、突然、別れが来ることもあるかもしれないということをよく思う様になりました。
なので家族と過ごせている今、この時間がとっても大切なものに思います。
母に、たくさんの事をしてあげたとしても、もっと、もっと・・・・と後悔はなくならないと思います。

もし、天国で母が今の自分を見ていたら、子供が後悔している姿は見たくないと思うんですよね。
それよりも、してあげられたことを思い出す様にしましょ。
これだけは、してあげられて良かったと思うことなど。
そんな思いで、母の事を思い出す方が、ニッコリ微笑んでいる様な気がします。
(自分勝手な解釈かもしれませんが・・・)

でも、聞いておきたかったことは、たくさんあります。
もう一度、話がしたいなと思います。


2021.01.21 23:41 | URL | #qbIq4rIg [edit]
さくら says...""
こんばんは。

私は母の年をとっくに超えてしまいました。
若くして亡くなったなぁ~と追い越して更に思いました。

ああすればよかった、こうすればよかった
年々思うことが増えていく気がします。
2021.01.22 20:05 | URL | #- [edit]
咲希 says..."ミホコおばさんさん"
ミホコさん、こんばんは。(*^_^*)

ミホコさんのお母様と、私の母は誕生日が一日違いなんですね!
亡くなっているのですが、やっぱり、お祝い?というのか、なにか特別な日のような気がしますね。(//∇//)

>咲希さんのお母さんのように出来た母では無かったけれど
>それでも逢いたいのですもの。

いえいえ、出来た母、というか…(//∇//)
まぁ、一言で言うと、よく働く母でした。
一生懸命働いて、これから!という時に、年金も1円も貰うことなく逝ってしまいました。
子供にとって「母」とは特別な人。
叶うことなら、逢って、たくさん話がしたいですね。

コメントどうもありがとうございました。m(_ _)m
2021.01.23 00:08 | URL | #- [edit]
咲希 says..."森の端材工房さん"
森の端材工房さん、こんばんは。(*^_^*)

>もし、天国で母が今の自分を見ていたら、子供が後悔している姿は見たくないと思うんですよね。
>それよりも、してあげられたことを思い出す様にしましょ。

ありがとうございます。m(_ _)m
少し気持ちが楽になりました。
そうですよね、(*^_^*)
私が思う一番の親孝行は、孫を見せてあげられたこと。
そして、すぐそばに住んでいられたことだと思います。
実家からは、歩いて行き来できる距離に住んでいたので、母は暇があると、娘を連れ出し、あちこち遊びに行っていました。
特にタケノコ、山菜採りには、ふたりでよく行っていました。
小さいながらも娘は、良い相棒になったと思います。(*^_^*)

「そちらはどうですか?」
積もり積もった話をしたいですね。

コメントどうもありがとうございました。m(_ _)m
2021.01.23 00:20 | URL | #- [edit]
咲希 says..."さくらさん"
さくらさん、こんばんは。

>私は母の年をとっくに超えてしまいました。

さくらさんのお母様は、かなり若くして亡くなられたんですね。
子供にとって母親は、特別な存在。
さくらさんは、私の何倍も寂しい思いをされたのでは?と…

できる限りのことをやってきたとしても、きっと後悔はするのでしょうね。
あの時…
たられば言うとキリがない。
人間とは、そういうものなのかもしれませんね。

コメントどうもありがとうございました。m(_ _)m
2021.01.23 00:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/3818-a8c9ddd2