FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

同じ間違いは、もうしないのです!

世の中って捨てたもんじゃないよね!

今日、大変なことが起きた! 
いつものようにウォーキングに出かけた。
自転車に乗りいつものところに停めカギをかけた。
デジカメを持ってきているつもりでポケットに手を入れた…
「あれ?ない?」
今日は持ってこなかったのかな?
玄関を出る前の事を思い出してみた…
そう言えば持ってこなかったような気もする―――

その時、なぜか私はデジカメは家に置いて来てしまったと思いこんでしまったのだ。
「チェッ…こんな時に限って夕日がきれいだったりするんだよな…」と、ひとり言を言いながら歩いた。
いつものコースをいつものように歩いた。

さぁ、帰ろう―――
自転車に乗った途端なぜか不安になった。 
「もしかしてデジカメ、ポケットに入れてて落としたのかも…」
今までなんの不安も無く歩いてたのに…
急に不安になった。
その後の事はあまり覚えていない…
とにかく元来た道を自転車で帰る。
まだ、落ちたままになってるかもしれない――― 
目はデジカメの入っていたケースの赤い色を探していた…
「どうか、家にありますように…忘れてきてますように…」
心の中は家に置き忘れたと思いたい気持ちでいっぱい―――
力いっぱい自転車のペダルをこいだ…

玄関を開ける―――
部屋に入りデジカメを探す…

無かった…

どこにもなかった…
やっぱり落としたんだ。 
泣きたくなった…
いや、ゲンミツに言えば泣いた。
とにかく行き帰りに、通る近くの交番に急いだ。
「イイ人が届けてくれてますように…」
そう、祈りながら自転車で交番に行った。

交番のドアを開ける―――

あった~!

カウンターの上に、赤い和柄ちりめんの生地に世界的に有名なリボンのついた白いネコちゃんの付いたデジカメケース。 
水色のワニの付箋に<落し物です>とボールペンで書かれたモノが添えられていた…

私が行ったときお巡りさんはいなかった。
多分、拾ってくれた人が届けてくれた時もいなかったのだろう…
「よかった~ ホントによかった~」
そう言いながらヘナヘナと座り込んでしまった。
ホントに力が抜けてしまって…
あれって、腰が抜けるって言うの? 

お巡りさんが戻ってくるまで待ってて、一応連絡先をメモしてデジカメを持って帰った。
ポケットから落としたのにどこも壊れてなかった。
良かった。
ホント良かった。

どこのどなたか分かりませんが拾って交番に届けて下さってありがとうございました。
ワニの付箋と文字からして女子高校生のような気がします。
名前も連絡先も分かりません。
この場を借りてお礼を言いたいと思います。

これからもこのデジカメを大事にして良い写真をたくさん撮りたいと思います。
それが、拾ってくださった方のお返しになるのかもしれません。
ありがとうございました!

(*゚◇゚)<よかったね!  イイ人いっぱいだね!>(^◇^*)

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/414-36662c6a