FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

U どりーむ 20

 27 ハートの意味 


「あっ!待てよ!おい!★!!」

 部屋から飛び出して行った★を追いかけようとしたが鍵を掛けないまま部屋を空けるのは物騒だ。

「部屋で待ってて」と言った言葉に従い★が戻るのを待つしかない。

 嫌な予感しかしなかった…

 逃げるように走り去った★と真っ赤な目―――

 ダメなのかな……?

 ひとりでいると、どうしても最悪の結末を考えてしまう。

 気持ちを落ち着かせるように★の部屋をぐるりと見渡した。

 いかにも女の子の部屋と言う感じで小ざっぱりと片付けられている。

 ん!?あれはなんだ…?

 様々な本がズラリと並ぶ本棚の上、何かのチケットが額に入れられ飾られていた。

 近寄って手に取ってみる。

 これ―――!!

 オレがあげたチケットの半券…

 なんでこんなの大事そうに飾ってあるんだ?

 フツ―こんなの大事に額なんかに入れるか!?

 額を持つ手がブルブルと震える。

 もしかしたら――――――

 さっきまで絶望の淵に立たされていた感だったのに…

 聞きたい!

 今すぐに★の気持ちを…

 携帯を取り出し電話した―――

 ―――?

 部屋の中で携帯の着信音が聞こえる。

 マジか!★のヤツ携帯、持って行ってない!

 テーブルの上に置かれた携帯が主を求めブルブルと震えていた。

 あわてん坊だな…

 ふと携帯に表示された画面を見て泣きそうになるくらい嬉しかったんだ…


 内村航平 


 チケットの半券とハートのマーク。

 ★の気持ちが手に取るように分かる。

 あの子はいつも、まっすぐだった…

 いつも、いつも正直で一点の曇りもない純粋な子。

 そんな★を好きになったオレだから…


 早く帰ってこい!

 この手でギュッと抱きしめてやる!

 そして言うんだ―――

「離さない!」って…



解説 あとがき
これまた伏線の回収です!
「ステキなドヤ顔」を読まれてコレは…!と、思われた方は鋭い!!
てか、見え見えだったかな?

   (この物語の成分は主の妄想100%で出来ています…)

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/700-44c04382